お客様それぞれの業務フローや
使い方にあった最適な
システムを提供したい。

栗原 純

2012年入社
貿易システム部

こんな仕事をしています

私は主に自社のパッケージソフトである貿易業務支援システム「HarbarWrite®」の開発を担当しています。具体的にはシステムの操作性・機能性、品質の向上を目指してパッケージソフトに新しい技術の導入をしたり新機能の開発を行っています。
中でも、お客様の業務フローに沿ってシステムをカスタマイズしたり、ご要望によって新しい機能を加えたりするなど、それぞれの使い方にあった最適なシステムを作り上げることが私の重要な役割です。
システムを提供する上で基本的な貿易業務を当然理解している必要がありますが、お客様の業種により運用の仕方が異なります。 それらに対応し、より最適なシステムを提供できるよう幅広い業務の知識を得ること、またお客様の業務内容をより深く理解することを心掛け業務に取り組んでいます。

アルカディアソフト開発に就職を
決めた理由は?

学生時代に学んだシステムや情報処理に関する知識や技術を活かすため就職はシステム開発ができる会社と決めていました。
ただシステムと言ってもさまざまなものがあり、自分がどのようなシステム開発に携わりたいかが定まっていませんでした。そんな時、アルカディアソフト開発の説明会で貿易業務支援システムについて話を聞きました。
当時、個人輸入に関心を持っていたこともあり貿易のシステムってどんな事ができるんだろうと単純な疑問から興味に繋がったことがきっかけでした。
また、パッケージ開発だけでなくASPサービスも展開しており、さまざまな技術が学べそうな印象を受けたのが決め手でした。

今後の目標は?

プログラム知識や技術の向上を率先し、新しい技術を自社パッケージに組み入れていきたいです。
またシステム側の目線だけではなく利用者様側から見て使っていただきやすい、使いたくなるシステムを構築するためユーザーインタフェースやWebデザインなどの知識を習得したいですね。

アルカディアソフト開発に
向いていると思う人は?

一人で仕事をするのでなくチームで仕事を進めていくことが多いので、まずコミニュケーションをしっかり取れることが大切だと思います。
コミュニケーションの際には協調性や素直さも大切なのですが、自らの考えを持ち、強い意志を持ってそれを伝えることができる人が向いていると思います。

1日の仕事の流れ

先輩も優しい人が多く働きやすいですよ!

9:00 / 出社

メールチェックから1日がスタート! また当日の作業内容を確認します。

10:00 / 設計書の確認

一部設計に不明瞭な箇所があり、プロジェクトメンバーに確認。こういった事前の確認がプログラムのミスや無駄な作業を防ぐ重要な工程になります。

12:00 / 昼食

ブレイクタイム。最近会社の近くにできた新しいラーメン店に行ってみる。ちょっとした楽しみです。

13:00 / プログラム製造

先ほど確認した設計書を基にプログラミング。業務の中で一番楽しく、集中する時間です。

15:00 / 成果物の社内レビュー

作成したプログラムをプロジェクト内でレビューをし設計書に沿った作りになっているか、また致命的なミスがないかをメンバー同士で確認していきます。このようにレビューをすることで成果物の品質を上げていきます

17:00 / プロジェクト内の進捗会議

本日の進捗を報告。課題や問題点等も報告します。さらに各メンバーやプロジェクトのスケジュールに問題がないかを確認し、全員の認識を合わせます。

18:00 / 退社

明日の作業準備をして退社。時には先輩方と食事に行き親睦を深めたり、早い時間に帰宅した時は妻と一緒に料理を作るなど楽しんでいます。

他の先輩インタビューを見る

貿易システム部

栗原 純【2012年入社】

貿易システム部

奥村 香澄【2012年入社】

エントリーはこちら

ツノルからエントリー

フォームからエントリー

郵送でエントリー

個人情報の取り扱いに関する同意書へ署名の上、履歴書とともに こちらの宛先までご郵送ください。

<郵送先>

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-9-9
石川LKビル5階
総務部 採用担当

個人情報取り扱いに関する同意書PDF

当社の採用に関する
お問い合わせはこちら

03-3257-0136

03-3257-0136

受付:9:00~18:00(土日祝日を除く)